【SBI証券ver】 クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?

株主優待

SBI証券で クロス取引 する場合の手数料について、考察してみました。

前半で、SBI証券の手数料体系についてまとめた後、
後半で、10万円・30万円・50万円・100万円・200万円を10日間保有した場合の費用について推計しています。

取引手数料

現物取引

SBI証券の現物取引の手数料は次のような体系になっています。

SBI証券 現物取引手数料
手数料|SBI証券 (sbisec.co.jp)

信用取引

SBI証券の信用取引の手数料は次のような体系になっています。

SBI証券 信用取引手数料
手数料|SBI証券 (sbisec.co.jp)

また、別に、日計り信用取引という、返済期限が当日のデイトレード専用の信用取引もできるようになっています。この日計り信用取引にかかる取引手数料は無料となっています。
SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA (sbisec.co.jp)

アクティブプランについてまとめると

おそらくクロス取引にスタンダードプランを使うことはあまりないと思うので、1日の約定代金で手数料が決まるアクティブプランについてまとめてみました。現物取引にしろ、信用取引にしろ、どちらも1日100万円までであれば無料となっています。

SBI証券 アクティブプラン

続いて、信用取引で株を購入した際に必要となる金利/株を空売りした貸株料/管理費についてです。

金利(信用取引で株を購入した場合の金利)

株を現物取引で購入した場合は必要ありませんが、信用取引で株を購入した場合のみ(空売りした場合の貸株料とは別)必要となる金利です。

SBI証券 金利
国内株式|SBI証券 (sbisec.co.jp)

SBI証券の場合、現物取引、信用取引それぞれで100万円までは取引手数料が無料となっていますが、1日に100万円を超えるような取引をする場合には、1度、日計り信用取引で株を買い建てしておいて、その日のうち現引すれば、普通に現物で株を購入するよりも安く済みます。特に1注文の約定代金が50万円を超える場合には、金利も必要なくなるので、かなりお得です。

ただし、日計り取引で新規建を行った後、当日中に建玉が決済されなかった場合には、翌日以降は約定金額にかかわらず買方金利1.80%(年率)、貸株料1.80%(年率)の支払いが発生することになります。また、強制返済時に、コールセンター手数料が必要になるので(最低でも2,200円!!)、日計りで新規建てした場合には、必ず当日中に決済するようにしましょう。

貸株料(信用取引で株を空売りした場合の金利)

続いて、株を空売りした場合に必要となる貸株料です。

SBI証券 金利
国内株式|SBI証券 (sbisec.co.jp)

一般信用の中に、無期限・短期とありますが、それぞれの返済期限は次のとおりです。

SBI証券の場合は、一般信用取引ができる銘柄でも、無期限で取引できる銘柄と、短期で取引できる銘柄が決まっており、無期限でも短期でも取引できる銘柄はないようです。そして、クロス取引できる銘柄は短期しかできないようです(公式サイトでそういった記載を見つけることはできませんでしたが・・・。)。

管理費

管理費は、建玉に対する管理費が新規約定日より1ヵ月ごとに、1株につき10銭(税込11銭)の割合で発生するものです。SBI証券の場合、管理費は最低100円(税込110円)で、最高1,000円(税込1,100円)となっています。(売買単位が1株である銘柄については1株につき100円(税込110円)。)



さて、ここからクロス取引の金額を計算してみます。

クロス取引の金額を計算

さて、条件としては、

  • 10万円・30万円・50万円・100万円・200万円でそれぞれ試算
  • 空売りの保有期間は10日間で統一(他の証券会社と比較できるように)
  • 空売りは、逆日歩がかからない一般信用取引で試算。

まずは、購入に必要な費用

SBI証券 クロス取引

200万円のところは、日計り信用で買建てした後、現引した金額で計算しています。
1注文での約定代金が50万円以上の買建てのものばかりであった場合には、購入に必要な費用は0円となります(1注文100万円の約定×2銘柄→手数料不要1注文40万円の約定×5銘柄→98円の手数料が発生)。

次に、空売りに必要な費用

SBI証券 クロス取引

100万円までは、アクティブプランで計算しています。200万円は、スタンダードプランで200万円1注文で約定した場合の手数料で計算しています(現実的には、スタンダードプランで空売りすることが多いでしょうが・・。その場合、385円→880円となるので、495円余分にかかることになります。)

合計

計算結果です。

SBI証券 クロス取引

なお、きちんと調べたつもりですが、間違いがあるかも知れません。「これくらいなんだー」という大きな視点で、あくまで参考としてご覧いただき、ご自身でも確認の上、投資の判断はおこなってください。

クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?~SBI証券 ・ 楽天証券 ・ SMBC日興証券~
株主優待は、企業が、株主に対して、サービスや商品を提供する制度です。この株主優待を賢く手に入れる方法として クロス取引 という方法があります。このクロス取引の成功のカギは、もらえる株主優待の価値 > 支払う手数料とできるかどうかにかかっています。そこで、どの証券会社が安いのか比べてみました。
【SBI証券ver】 クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?
SBI証券で クロス取引 する場合の手数料について、考察してみました。SBI証券の手数料体系、10万円・30万円・50万円・100万円・200万円を10日間保有した場合の費用について推計しています。
【楽天証券ver】 クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?
楽天証券で クロス取引 する場合の手数料について、考察してみました。楽天証券の手数料体系、10万円・30万円・50万円・100万円・200万円を10日間保有した場合の費用について推計しています。
【SMBC日興証券ver】 クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?
SMBC日興証券で クロス取引 する場合の手数料について、考察してみました。SMBC日興証券の手数料体系、10万円・30万円・50万円・100万円・200万円を10日間保有した場合の費用について推計しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました