クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?~SBI証券 ・ 楽天証券 ・ SMBC日興証券~

クロス取引

クロス取引について

株主優待は、企業が、株主に対して、サービスや商品を提供する制度です。この株主優待を賢く手に入れる方法として クロス取引 という方法があります。

クロス取引についてはこちら!

【お得に株主優待をGET!】 クロス取引 で欲しい『優待品』を手に入れよう!!
クロス取引 とは株主優待は、企業が、株主に対して、サービスや商品を提供する制度です。この株主優待を受け取るためには、権利付き最終日(この日に株を保有しておくことで、株主優待や配当がもらえる)に株を持っている必要があります。...
クロス取引

クロス取引の成功のカギは手数料

ただし、クロス取引には注意点があります。入手するための手数料が株主優待の価値を超えてしまっては元も子もありません。1,000円の株主優待の割引券を手に入れるために、1万円かけてしまっては元も子もありません。クロス取引の成功のカギは、もらえる株主優待の価値 > 支払う手数料とできるかどうかにかかっています。

さて、手数料を安くするためには、取引する証券会社やサービスの選択が重要です。売買手数料については、ネット証券大手の楽天証券やSBI証券であれば、一定まで手数料が無料だったりしますが、インスタなんかを見ていると、SMBC日興証券は信用取引であれば、買いも売りも関係なく、手数料が無料でお得と言っている人もいます!! さて、どこが1番お得なんでしょうか?

比べてみました。

【SBI証券の場合】

【SBI証券ver】 クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?
SBI証券で クロス取引 する場合の手数料について、考察してみました。SBI証券の手数料体系、10万円・30万円・50万円・100万円・200万円を10日間保有した場合の費用について推計しています。

内訳)

【楽天証券の場合】

【楽天証券ver】 クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?
楽天証券で クロス取引 する場合の手数料について、考察してみました。楽天証券の手数料体系、10万円・30万円・50万円・100万円・200万円を10日間保有した場合の費用について推計しています。

長期

内訳)

短期

内訳)

【SMBC日興証券の場合】

【SMBC日興証券ver】 クロス取引 するなら、どの証券会社が1番お得?
SMBC日興証券で クロス取引 する場合の手数料について、考察してみました。SMBC日興証券の手数料体系、10万円・30万円・50万円・100万円・200万円を10日間保有した場合の費用について推計しています。

内訳)

結果

※注意事項

コメント

タイトルとURLをコピーしました