新興国の中でもここ!!10年後に、もしかしたらスゴイことになっているかも知れない3つの投資(AFK・EIDO・EPI)

海外ETF

もし、新興国全体ではなく、1つの国だけに投資したい場合には、国ごとのETFもあります。
米国が、これから10年間でも勝ち続けるのかは分かりませんし、どこかの新興国にも個別で投資したいというあなたに向けて、ここでは、個人的に注目している3つのETFを紹介させていただきます。資産の一部を米国以外にもという人の参考になれば幸いです。

アフリカ(AFK)

AFKのおすすめポイント

  • 今後の成長余地が大きい。
    • 2017年の1人あたりの名目GDPは、インドネシア・ベトナムのまだまだ半分程度
    • 人口もまだまだ増加中。2050年には現在の倍になる見込み!
  • ただし、アフリカの中の1つの国に投資した場合、財政破綻や内戦のリスクあり。
    1つの国に投資するよりもアフリカ全体に投資した方が安全。

→ アフリカ全体に投資できるETF = AFK

アフリカンドリーム「AFK」
アフリカ(AFK)の強みとしては、将来的な成長率の高さ。まず、1人あたりの名目GDPがインドネシア・ベトナムの半分。今後の上昇余地が非常に大きい。さらに、人口が倍増の見込み。これだけでも、成長率のポテンシャルが凄まじいのに、さらにアフリカの資源をめぐっての各国からの支援競争。成長しないビジョンが見えない。

ざっくとAFKを紹介

名前ヴァンエック・ベクトル・アフリカETF(AFK)
概要・アフリカで法人化された企業と
・アフリカで営業収入/関連資産を50%以上保有する企業
が対象。
設定年2008年7月
運用
会社
ヴァンエック社
通貨米ドル
純資産62百万ドル
経費率0.79%
分配
利回り
3.67%
分配金月12月

AFKのチャート

インドネシア(EIDO)

EIDOのおすすめポイント

  • 人口がめちゃくちゃ多い。
    • 世界第4位の約2.7億人!
    • 生産年齢人口が70%超の「人口ボーナス」期に突入中。
  • 天然資源も豊富
  • GDPは、25年間で約5倍にも爆上げ中。
    2050年には、世界第4位の経済大国になるとのレポートもあり!
  • これまで株価が上がらなかった原因のインドネシアルピア/米国ドルも、インドネシアのインフレ率の安定に伴い、落ち着く可能性。
EIDO~インドネシアおすすめETF【東南アジアへの投資】~
EIDOの概要EIDOはインドネシアを対象にしたETFです。インドネシアの株式全般で構成される指数と同等の投資成果を目指すとされています。要するにインドネシアの株式市場にまるっと投資するようなイメージですね。維持費・分配...

ざっくとEIDOを紹介

名前iシェアーズMSCIインドネシアETF(EIDO)
概要インドネシアの株式全般で構成される指数と同等の投資成果を目指す
設定年2010年5月
運用
会社
ブラックロック
通貨米ドル
純資産3.3億ドル
経費率0.59%
分配
利回り
1.54%
分配金月6月、12月

EIDOのチャート

インド(EPI)

EPIのおすすめポイント

  • 国際通貨基金(IMF)によると、2020年から2026年の成長率予測はアメリカの2倍以上
  • 2027年にはインドの人口が中国を抜いて世界1位になる見込み。しかも、人口ボーナス期。
    → インドの労働人口数が世界No.1となる見込み
  • インドは2020年の国内総生産で世界6位なのに、国民1人当たりのGDPは世界148番目。
    人口が多いので、国民1人当たりのGDPが少し上がっただけでも、影響は計り知れない
EPI~インドに投資する~
EPIの概要EPIはインドを対象にしたETFです。収益性の高いインド企業を対象にしています。維持費・分配金について、ざっくり言うと、10万円投資したら大体800円くらいの経費がかかりますが、年間税引き後で50...

ざっくとEPIの紹介

名前ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
概要収益性の高いインド企業を対象にしたETF。
時価総額が大きい企業でも、利益が少ない場合にはあまり投資しないことが特徴。
設定年2008年2月
運用
会社
ウィズダム
通貨米ドル
純資産852百万ドル
経費率0.84%
分配
利回り
0.72%
分配金月3月、6月、9月、12月の年4回

EPIのチャート

個別の国を選ぶのは怖いというあなたには・・・・

米国(SPY)か? 先進国(VEA)か? 新興国(VWO)か?
昔、全然、株のことなんか知らずに適当に名前を知っている会社の株を買っていました。右肩下がりの株を「これだけ安くなっているのだから、上がるだろう」とか「優待が良さそう」といった理由で購入していて、結局、自分のリスク許容度を超えて、損切をして...

コメント

タイトルとURLをコピーしました