【2021年11月の株主優待銘柄】 クロス取引 で手に入れた銘柄一覧

11月

2021年11月 クロス取引 の取得結果

2021年11月の クロス取引 の取得結果です。経費については、実際にかかった費用を記載しています。

2021年11月 クロス取引 の取得結果

クロス取引 で 失敗! ~やってしまった手数料~

10月に引き続き、11月の株主優待銘柄も数が少なく、取得できたのは、この2つのみ。そして、コスモス薬品は、やってしまった。

楽天証券いちにち定額コースで購入したばっかりに、手数料無料の上限100万円を超えて、高額な手数料が・・・。逆日歩のことばかり気になって、買付手数料や信用取引の手数料無料の上限額のことが頭になかったのが原因。

楽天証券の手数料

1日の約定代金合計取引手数料(税込)
100万円まで0円
200万円まで2,200円(税込)
300万円まで
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)を追加。
3,300円(税込)
手数料 | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)

優待の価格を下回っているのだからと自分を納得させました。

2021年11月の権利付き最終日・権利落ち日

2021年11月の権利付き最終日は11月26日でした。

株主優待 & クロス取引

株主優待は、企業が、株主に対して、サービスや商品を提供する制度です。この株主優待を受け取るためには、権利付き最終日(この日に株を保有しておくことで、株主優待や配当がもらえる)に株を持っている必要があります。ただし、株主優待や配当金のためだけに保有していると、権利落ち日(株主優待や配当を持っておく必要がなくなる日、権利付き最終日の翌営業日)には、株主優待や配当額以上に下げることも多々あります。受け取った配当や株主優待の額以上に、株価が下落して、トータルで考えると、損している・・・なんてことも。そこで、クロス取引でそのリスクを回避しながら、優待をもらっています。

【お得に株主優待をGET!】 クロス取引 で欲しい『優待品』を手に入れよう!!
クロス取引 とは株主優待は、企業が、株主に対して、サービスや商品を提供する制度です。この株主優待を受け取るためには、権利付き最終日(この日に株を保有しておくことで、株主優待や配当がもらえる)に株を持っている必要があります。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました