【Coincheck】貸仮想通貨を利用する~仮想通貨を貸して利用料をもらう方法(スマホ版)~

仮想通貨

Coincheckの貸仮想通貨サービスをご存じでしょうか?仮想通貨を貸す代わりに利用料がもらえるサービスです。利用できる仮想通貨は、ビットコインだけでなく、イーサリアムや、リップル、ネムなど幅広く利用できます。

また、利用方法も簡単で、Coincheckの口座があれば、誰でも利用できますし、特に面倒な手続きもなく、利用することができます。売却する予定がないのであれば、預けることで利息がつくので、検討する価値はあるのかなと思います。

今回は、その貸仮想通貨の利用方法をご紹介します。

貸仮想通貨の利用方法

①ログイン後、右下のアカウントをクリック。

取引アカウントをクリック。

貸仮想通貨アカウントを選択

④ 右下の アカウントをクリック。

振替をクリック。

⑥貸し付ける仮想通貨の種類を選択。

⑦取引アカウントから貸仮想通貨アカウントに移す量を入力
振替を実行するを選択

OKをクリック

⑩戻る

⑪貸出申請をする仮想通貨を選択

⑫貸出申請する仮想通貨の金額を入力

⑬貸出申請する期間を選択するため、下記箇所を選択

⑭貸出申請する期間を選択

⑮貸出申請を選択
(自動貸出しない場合は、自動貸出をクリック)

⑯注意書きを確認し、了承する場合には貸出申請をクリック

⑰貸出申請中になります。

⑱貸出中の仮想通貨を確認する場合は、貸出中をクリック。

⑲貸出中の場合は、次のような画面になります

貸仮想通貨のデメリット

分別管理の対象にならない

通常、証券会社は、投資家から預かった資産と、証券会社が保有する資産を分けて管理することとされています。分別管理が行われることで、証券会社が破綻した場合でも、投資家の資産は投資家に返還されます。分別管理は、法律で定められており、証券会社などには分別管理が義務付けられていますが、資金決済法に基づく仮想通貨交換業としてのサービスではないので、分別管理の対象にはなりません。Coincheckが破綻した場合には、貸し付けた仮想通貨が変換されないリスクを負うことになります。

貸付時に売却できない

仮想通貨の価格変動は大きく、思っていたよりも大きく動くことも。貸付中は返却されるまで、売却や送信ができません。

Coincheckの申し込み先

ビットコイン購入なら仮想通貨取引所 | Coincheck(コインチェック)
ビットコイン(Bitcoin/BTC)を簡単購入するならCoincheck。イーサリアム(Ethereum/ETH)やリップル(Ripple/XRP)、ネム(NEM/XEM)などの話題の仮想通貨も取り扱っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました