【お得に株主優待をGET】 クロス取引 の逆日歩・賃借料の確認方法~楽天証券~

株主優待

クロス取引 の逆日歩・賃借料の確認方法~楽天証券~

楽天証券で、 クロス取引 をした後、優待を取るためにいくらかかったのか、費用を確認する方法を紹介します。

①マイメニュー → ②国内株式

③期間を選択 → ④調べたい銘柄の証券コード or 銘柄名 を入力し、表示をクリック。

⑤に売買手数料が、掲載されています(今回は100万円未満のため - )
⑥詳細をクリック

これで、逆日歩や賃借料etcが分かります。

クロス取引 の 手数料確認方法

クロス取引 で 必要になる手数料etc 計算方法

例として、私が大失敗した コスモス薬品で…(涙)

①手数料

楽天証券の場合、いちにち定額コースであれば、現物取引と信用取引を合算した1日の合計金額で取引手数料が決まります。

1日の約定代金合計 取引手数料(税込)
100万円まで 0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)

以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)が追加。

手数料:楽天証券
楽天証券の手数料は、インターネット証券ならではの魅力的なロープライス。国内株式は取引スタイル、取引状況に応じて3コースから選べる選択制。購入時の手数料が不要なノーロード投信も充実。もちろん口座開設料、口座管理料は無料です。

今回の場合であれば、18,820円/株 × 100株 = 1,882,000円を、現物取引・信用取引で行っているので、 1,882,000円 × 2回(現物・信用)= 3,764,000円となり、手数料が4,400円かかってしまいました。

逆日歩ばかり気にしてて、手数料が100万円までが無料だってこと忘れてました…。

②貸株料

証券会社から借りた株券にかかるレンタル料として、信用取引の種類により、次の金額がかかります。

信用取引の種類 レンタル料
制度信用取引 年1.10%
一般信用取引「無期限」 年1.10%
一般信用取引「短期」 年3.90%
信用取引 手数料/金利/貸株料 | 信用取引 | 国内株式 | 楽天証券
信用取引の手数料/金利/貸株料についてご案内しております。

今回の場合であれば、18,820円/株 × 100株 = 1,882,000円 に 一般信用取引「短期」のレンタル料(年率3.90%)が、2日分(11/26(月)・11/29(金))の分がかかっているので、

1,882,000円 × 3.90% × 2日/365日 = 402円 となります。

③その他の費用

事務管理費

新規建て約定日から1カ月経過するごとに発生する管理費のことで、1株あたり11銭(税込)。売買単位1株単位の銘柄については1株あたり110円(税込)。今回は、2日間しか保有していないので、かかっていません。

逆日歩

制度信用で売建をすると、人気のある銘柄については、証券会社が株を用意するために、逆日歩という費用が発生することがあります。この費用は、制度信用で売建をする人が払うことになりますが、いったいいくらかかるのか事前には分かりません。株主優待の価値以上に支払うこともあり得るので、一般信用で売建しておいた方が無難です。

元のページへ戻る

【お得に株主優待をGET!】 クロス取引 で欲しい『優待品』を手に入れよう!!
クロス取引 とは株主優待は、企業が、株主に対して、サービスや商品を提供する制度です。この株主優待を受け取るためには、権利付き最終日(この日に株を保有しておくことで、株主優待や配当がもらえる)に株を持っている必要があります。...

SBI証券の確認方法はこちら

【お得に株主優待をGET】 クロス取引 の逆日歩・賃借料の確認方法~SBI証券~
SBI証券で、クロス取引をした後、優待を取るためにいくらかかったのか、費用を確認する方法を紹介します。

SMBC日興証券の場合はこちら!

【お得に株主優待をGET】 クロス取引 の逆日歩・賃借料の確認方法~SMBC日興証券~
SMBC日興証券で、 クロス取引 をした後、優待を取るためにいくらかかったのか、費用を確認する方法を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました