【お得に株主優待をGET】 クロス取引 の逆日歩・賃借料の確認方法~SBI証券~

株主優待

クロス取引 逆日歩・賃借料の確認方法~SBI証券~

クロス取引 をした後、優待を取るためにいくらかかったのか、費用を確認する方法を紹介します。

①口座管理 → ②取引履歴 → ③照会
※必要に応じて、決済日を修正

クロス取引 確認方法

これで、賃借料逆日歩手数料、そしてこれらを合計した諸費用計が分かります。

クロス取引 で 必要になる手数料etc 計算方法

先ほどのコメダの例ですが、

①手数料

SBI証券の場合、現物取引にしろ信用取引にしろ、アクティブプランであれば、1日の合計取引金額で取引手数料が決まります。

現物取引の場合

1日の約定代金合計額 手数料
100万円まで 0円
200万円まで 1,126円(税込1,238円)
300万円まで 1,538円(税込1,691円)

以降100万円増加毎に269円(税込295円)ずつ増加となっています。

信用取引の場合

1日の約定代金合計額 手数料
100万円まで 0円
200万円まで 800円(税込880円)

以降100万円増加毎に400円(税込440円)ずつ増加となっています。

今回の場合であれば、2,019円/株 × 100株 = 201,900円と、現物取引・信用取引それぞれに100万円未満となり、手数料がかかっていません。

国内株式の手数料を教えてください。 : SBI証券

②貸株料

証券会社から借りた株券にかかるレンタル料として、信用取引の種類により、次の金額がかかります。

信用取引の種類 レンタル料
制度信用 1.15%
一般信用(短期) 3.90%
国内株式|SBI証券
株の取引ならSBI証券。現物、信用、PTS、IPO、PO、&#314...

今回の場合であれば、2,019円/株 × 100株 = 201,900円 に 一般信用取引「短期」のレンタル料(年率3.90%)が、7日分(8/24(火)・8/30(月))の分がかかっているので、

201,900円 × 3.90% × 7日/365日 = 151円 となります。

③その他の費用

管理費

新規建て約定日から1カ月経過するごとに発生する管理費のことで、1株あたり11銭(税込)。売買単位1株単位の銘柄については1株あたり110円(税込)。今回は、7日間しか保有していないので、かかっていません。

逆日歩

制度信用で売建をすると、人気のある銘柄については、証券会社が株を用意するために、逆日歩という費用が発生することがあります。この費用は、制度信用で売建をする人が払うことになりますが、いったいいくらかかるのか事前には分かりません。株主優待の価値以上に支払うこともあり得るので、一般信用で売建しておいた方が無難です。

元のページへ戻る

【お得に株主優待をGET!】 クロス取引 で欲しい『優待品』を手に入れよう!!
クロス取引 とは株主優待は、企業が、株主に対して、サービスや商品を提供する制度です。この株主優待を受け取るためには、権利付き最終日(この日に株を保有しておくことで、株主優待や配当がもらえる)に株を持っている必要があります。...

SMBC日興証券の場合はこちら!

【お得に株主優待をGET】 クロス取引 の逆日歩・賃借料の確認方法~SMBC日興証券~
SMBC日興証券で、 クロス取引 をした後、優待を取るためにいくらかかったのか、費用を確認する方法を紹介します。

楽天証券の場合はこちら!

【お得に株主優待をGET】 クロス取引 の逆日歩・賃借料の確認方法~SBI証券~
SBI証券で、クロス取引をした後、優待を取るためにいくらかかったのか、費用を確認する方法を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました