EPI~インドに投資する~

海外ETF

EPIの概要

  • EPIはインドを対象にしたETFです。収益性の高いインド企業を対象にしています。
  • 維持費・分配金について、ざっくり言うと、10万円投資したら大体800円くらいの経費がかかりますが、年間税引き後で500円くらいの分配金がもらえます(3月、6月、9月、12月の年4回に分けてもらえます。金額は均等ではありません。)。
  • 純資産が800億円以上あり安心できる規模です
名前ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
概要収益性の高いインド企業を対象にしたETF。
時価総額が大きい企業でも、利益が少ない場合にはあまり投資しないことが特徴。
設定年2008年2月
運用
会社
ウィズダム
通貨米ドル
純資産852百万ドル
経費率0.84%
分配
利回り
0.72%
分配金月3月、6月、9月、12月の年4回

インドの強さ

下図は、IMFの予測を加工したものです。2020年から2026年の成長率予測では、インドが67.4%UPと、中国よりも上、アメリカの2倍以上となっています。このインドの成長率の高さは非常に魅力的です。このインドの成長率の高さの要因は、どこからくるのでしょうか?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-5-1024x373.png
World Economic Outlook Database, April 2021 (imf.org)

労働人口数が世界1になる見込み

1つ目の理由は、労働人口の多さです。

2027年にはインドの人口が中国を抜いて世界1位になる見込みです。さらに、15~64歳の経済活動の中心となる人口の割合が高く、高齢化率が低い、いわゆる人口ボーナス期。人口が世界1かつ、働ける世代の割合も非常に高いということで、つまりは、インドの労働人口数が世界No.1となる見込みということです。労働人口の多さは、経済成長を加速させる要因であり、それが高い経済成長が見込まれる理由の1つとなっています。

成長余地の大きさ

2つ目の理由としては、今後の成長余地の大きさです。

インドは2020年の国内総生産で世界6位でありながら、一方、国民1人当たりのGDPは、現在1,965ドル(世界で多い方から148番目)となっており、ベスト100にも入っていません。ただ、下図のとおり、成長著しく、2026年には3,115ドルと約1.5倍になる見込みです(それでも、世界で141番目)。人口が多いことから、国民1人当たりのGDPが少しでも上がれば、その影響は大きく、ここからの成長余地はかなり大きいと言えるでしょう。

Report for Selected Countries and Subjects (imf.org)
Report for Selected Countries and Subjects (imf.org)

株価等について

株価の推移

さて、まずは、これまでの株価の推移を見てみましょう。設定時は25$程でしたが、今は30$を超え、最近は上場来高値を取ってきています。ただし、順調にずっと右肩上がりだったかというとそういうわけではなく、一時10$を下回っていましたし、最近でも、コロナショック後の2020年3月には15$も下回っていました

新興国の中でもここ!!10年後に、もしかしたらスゴイことになっているかも知れない3つの投資(AFK・EIDO・EPI)
もし、新興国全体ではなく、1つの国だけに投資したい場合には、国ごとのETFもあります。米国が、これから10年間でも勝ち続けるのかは分かりませんし、どこかの新興国にも個別で投資したいというあなたに向けて、ここでは、個人的に注目している3つの...

分配金の推移

分配金については、そこまで高くありませんし、一応、年4回となっていますが、分配金のない月もあります。

年度 6月 9月 12月 3月
2008     0.091 0.007 0.098
2009 0.002 0.045 0.006   0.053
2010 0.065 0.065 0.013   0.143
2011 0.062 0.098   0.01 0.170
2012 0.045 0.083 0.024   0.152
2013 0.068 0.063   0.099 0.230
2014 0.059 0.068   0.031 0.158
2015 0.067 0.116 0.024 0.01 0.217
2016 0.125 0.07 0.006 0.075 0.276
2017 0.055 0.08 0.026 0.061 0.222
2018 0.085 0.111 0.036 0.12 0.352
2019   0.13 0.041 0.017 0.188
2020 0.094 0.035 0.081 0.043 0.253
2021 0.085        

積立シミュレーション

毎月100$(約1.1万円)を毎月投資し、分配金についても再投資した場合リターンを計算しました。※分配金にかかる税率、購入手数料は考慮していません。
株価が最高値から半分近くまで下落しているにもかかわらず、約1,500$のプラスとなっています。他の期間で計算しても、おおむねプラスとなっています。

運用期間運用期間後の残額投資元本損益
3か月(2021/04/01~2021/07/01)$413$400$13
6か月(2021/01/01~2021/07/01)$748$700$48
1年(2020/07/01~2021/07/01)$1,622$1,300$322
3年(2019/07/01~2021/07/01)$3,513$2,500$1,013
5年(2016/07/01~2021/07/01)$8,663 $6,100$2,563
10年(2011/07/01~2021/07/01)$19,987$12,100$7,887
設定来(2008/03/01~2021/07/01)$27,978$16,100$11,878

構成内容

投資先(国別)

インド100%です。

構成セクター

構成銘柄

ティッカー銘柄名構成割合
500010Housing Development Finance Corporation Limited7.71%
500209Infosys Limited7.46%
500325Reliance Industries Limited5.62%
532540Tata Consultancy Services Limited3.88%
532174ICICI Bank Limited3.10%
500510Larsen & Toubro Ltd.2.31%
532281HCL Technologies Limited2.14%
500112State Bank of India1.92%
532898Power Grid Corporation of India Limited1.78%
532555NTPC Limited1.72%
500440Hindalco Industries Limited1.69%
532155GAIL (India) Limited1.65%
500300Grasim Industries Ltd1.58%
533278Coal India Ltd.1.55%
500247Kotak Mahindra Bank Limited1.44%
構成銘柄数上位10銘柄が占める割合上位15銘柄が占める割合上位50銘柄が占める割合
35137.64%45.55%71.76%

購入できる証券会社

大手のネット証券であれば、SBI証券・楽天証券・マネックス証券で購入できます。

注意

みなさまの投資の参考に少しでもなれれば幸いですが、特定の銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。
記事内容の正確性は保証しません。
市場と各銘柄が将来どうなるのかは誰にも分からないので、もし損失が発生した場合でも責任を負いません。
投資は御自身の判断と責任の元で行ってください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました