アフリカンドリーム「AFK」

海外ETF

AFKの概要

  • AFKはアフリカを対象にしたETFです。
    ①アフリカで法人化された企業
    ②アフリカ以外の企業でも営業収入/関連資産を50%以上保有する企業を対象にしています。
  • 維持費・分配金について、ざっくり言うと、10万円投資したら大体800円くらいの経費がかかりますが、年間税引き後で2,800円くらいの分配金がもらえます(ただし12月1回のみ)。
  • 純資産が60億円以上あり安心できる規模です(10億円が1つの目安。50億円あれば安心)。
名前ヴァンエック・ベクトル・アフリカETF(AFK)
概要・アフリカで法人化された企業と
・アフリカで営業収入/関連資産を50%以上保有する企業
が対象。
設定年2008年7月
運用
会社
ヴァンエック社
通貨米ドル
純資産62百万ドル
経費率0.79%
分配
利回り
3.67%
分配金月12月

アフリカの強み

アフリカの強みとしては、将来の成長に大きく期待が持てるという点です。

アフリカ内での成長要因

・2017年の1人あたりの名目GDPがインドネシア・ベトナムの半分しかありません。
 (上昇余地が大きい。少なくても2倍程度に成長することは可能と推測できます。)
・さらに、2050年にはアフリカの人口が現在の倍になる見込みです。

 → 「1人当たりのGDP」2倍 × 「人口」2倍
 = 少なくとも現在の4倍程度までGDPも増加するハズ。

アフリカ外からの支援による成長要因

下図は、経済産業省のHPから拾ってきたものですが、とにかく資源が豊富。
→ 世界各国の企業が豊富な資源を狙って進出してくる可能性があります。

株価等について

株価の推移

さて、まずは、これまでの株価の推移を見てみましょう。設定時は40$以上でしたが、今は20$前半です。一時12$まで落ちています(70%の下落)。値動き激しめなので、長期投資の天敵、ろうばい売りに要注意

新興国の中でもここ!!10年後に、もしかしたらスゴイことになっているかも知れない3つの投資(AFK・EIDO・EPI)
もし、新興国全体ではなく、1つの国だけに投資したい場合には、国ごとのETFもあります。米国が、これから10年間でも勝ち続けるのかは分かりませんし、どこかの新興国にも個別で投資したいというあなたに向けて、ここでは、個人的に注目している3つの...

分配金の推移

分配金については、株価が下がったそのおかげ(?)で、分配率は約4%と高くなっています。

各年12月1日
現在株価
分配金の額分配率分配金
前年比
2008年12月21.050.190.90%
2009年12月28.210.2290.81%+20.5%
2010年12月33.060.3841.16%+67.7%
2011年12月27.450.9713.54%+152.9%
2012年12月30.101.0633.53%+9.5%
2013年12月31.030.8292.67%-22.0%
2014年12月27.820.7572.72%-8.7%
2015年12月18.790.3852.05%-49.1%
2016年12月19.440.5282.72%+37.1%
2017年12月24.420.4942.02%-6.4%
2018年12月20.610.3361.63%-32.0%
2019年12月20.501.2866.27%+282.7%
2020年12月20.100.7963.96%-38.1%

積立シミュレーション

毎月100$(約1.1万円)を毎月投資し、分配金についても再投資した場合リターンを計算しました。※分配金にかかる税率、購入手数料は考慮していません。株価が最高値から半分近くまで下落しているにもかかわらず、約1,500$のプラスとなっています。他の期間で計算しても、おおむねプラスとなっています。

運用期間運用期間後の残額投資元本損益
1か月(2021/05/01~2021/06/01)$204$200$4
2か月(2021/04/01~2021/06/01)$311$300$11
3か月(2021/03/01~2021/06/01)$417$500$17
6か月(2020/12/01~2021/06/01)$754$700$54
1年(2020/06/01~2021/06/01)$1,585$1,300$285
3年(2019/06/01~2021/06/01)$3,147$2,500$647
5年(2016/06/01~2021/06/01)$7,293 $6,100$1,193
10年(2011/06/01~2021/06/01)$13,379$12,100$1,279
設定来(2008/08/01~2021/06/01)$16,974$15,500$1,474

構成内容

投資先(国別)

アフリカ以外の企業でも営業収入/関連資産を50%以上を保有する企業は、AFKの対象になるので、カナダ・英国・アメリカ等が上位に入っています。

構成セクター

構成銘柄

購入できる証券会社

大手のネット証券であれば、SBI証券・楽天証券・マネックス証券で購入できます。

注意

みなさまの投資の参考に少しでもなれれば幸いですが、特定の銘柄の売買の推奨を目的としたものではありません。
記事内容の正確性は保証しません。
市場と各銘柄が将来どうなるのかは誰にも分からないので、もし損失が発生した場合でも責任を負いません。
投資は御自身の判断と責任の元で行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました